リオ五輪が始まって、日本のスポーツマンたちの雄姿に連夜テレビにくぎ付けだ。
あたしが見ていてとにかく感動したのは、種目男性の株式会社競技だ。
種目の株式会社競技の難しいところは、株式会社競技でありながらも、結局は個人のデキの経験ですところです。
1人のへまが、ストレート全体の結果に繋がってしまうところが、凄い風土ですなと思いました。
また、観ているときのドキドキとビクビクが他の競技はまるっきり違う。
最も鉄棒では、離れスキルをしたのちに、鉄棒を正しくつかめるか否か…1つのスキルが繰り出されるたびに、そのドキドキとビクビクが訪れるのは、種目の種目の強みではないかと感受します。
そうして何よりも、それぞれがその緊張に耐え抜いて獲った金メダルは、結構感動しました。
特にアスリートが階層の入会が終わった後、ふうっと肩のキャパシティーが抜けた地点を見て、五輪の緊張ってあたしには計り知れない製品なんだろうなと思いました。
これだけの驚愕を与えてもらえる邦人スポーツマンたちははたしてすごいなと、心から思いました。車査定はWEBが便利